アルカリイオン水の効果とは?あらゆる面から大検証!

おすすめアルカリイオン水はこちら!

アルカリイオン水を飲む際の注意点

アルカリイオン水を飲む際の注意点

美味しくて健康にも良いアルカリイオン水。普通に飲めば健康を害するものではありませんが、より美味しさと健康効果を高めるためにいくつかの注意点について説明します。

加熱殺菌させると味も成分も変化してしまう

加熱殺菌させると味も成分も変化してしまう

アルカリイオン水はその健康効果から飲み続ける方も多いと思いますが、健康効果プラスおいしく飲み続けるためには湯冷ましの水道水が美味しくないように、アルカリイオン水も水加熱殺菌してしまうと本来持っている美味しさが損なわれてしまいます。その理由は過熱する際に水に含まれる「酸素」と「炭酸ガス」が失われてしまい、またミネラル成分も変化してしまいます。
水のさわやかな味わいはこの二つが大きく関わっているんです。

天然のアルカリイオン水本来の健康効果の美味しさを楽しむためには、加熱殺菌されていないものを選ぶと良いでしょう。

一度に大量に飲まない

一度に大量に飲まない

アルカリイオン水は、その特性上一度に大量に飲むと酸性の胃酸を中和してしまい、消化を弱めてしまうことにも繋がりかねません。そのため、一度に大量に飲まずに1回150~200mLを数回に分けて摂取するのが最も効果的といえます。

よほどむちゃな飲み方をしない限り摂取量に過敏になりすぎる必要はありませんが、飲んでいて違和感を感じたら量や回数を調整してみてください。

また現在治療中の病気があったり薬を服用している場合、その効果を弱めてしまうことも考えられるので医師と相談しながら飲むようにしましょう。

硝酸態窒素は発ガン性物質の元となることも

硝酸態窒素は発ガン性物質の元となることも

近年では環境汚染による天然水への影響も注目されていますが、そのひとつとして「硝酸態窒素」があります。化学肥料や農薬、家畜排泄物、生活排水によって汚染された地下水が飲料水に混入する場合があります。その硝酸態窒素が体内に入ると発ガン性物質を生じたり、赤ちゃんを窒息死させる「ブルーベビー症候群」を引き起こす可能性が指摘されています。

あるテストでは、市販の簡易テストキットを使用して国内外産の市販で買えるペットボトル数十本を検査したところ、全ての商品で硝酸態窒素が検出された、試験結果があります。
もちろん全て水道法の厳しい基準(10ppm以下)をクリアはしているので過敏に心配する必要はありませんが、お金を出してミネラルウォーターを購入するのですから安全品質を求める方は留意しておいてもいいでしょう。